複数のところからお金を借りている状況

カードローンなどのお金を借りるサービスの中でしばしばいわれているのが多重債務者の問題です。多重債務者とは、あるところで借りたお金の返済が自力ではできず、別の貸金業者でお金を借りる状況です。

このように複数の借入先があると、どんどん借金が膨らんでしまう恐れが高まります。実はこのような多重債務の状況に陥る人は近年増加しているといわれています。

クレジットカードが発端というパターンが多い

社会人になるとクレジットカードを何枚か持つという人も多いでしょう。キャッシュレスで気軽にショッピングできる利便性の高さが魅力です。しかし簡単に買い物できるので、ついつい使いすぎてしまう人も少なからずみられます。

その結果、後々とんでもない額が請求されるというケースも少なくないです。またクレジットカードはショッピングのほかにもキャッシング機能がついています。こちらでお金を借りられるのですが、キャッシングを利用しすぎてあるとき返済できないことに気づくというパターンも結構あります。

リストラの事例も少なくない

日本がずっとこのところ不景気が続いています。その影響もあって、勤務先が倒産してしまう、リストラの憂き目にあってしまい失業状態という方もいるでしょう。

また正社員として仕事をしていたところ、首を切られ派遣やアルバイトで仕事をするようになり収入が激減してしまったという人はいませんか?このように収入が少なくなった結果、家計のやりくりが厳しくなってそこから多重債務に陥るという人も結構みられます。