本人確認は絶対に必要

カードローンを申し込む際には、必要書類も申し込みフォームとともに提出する必要があります。カードローン会社によって若干異なる可能性があるので申し込む前に公式ホームページで内容を確認する必要がありますが、一般的に必要なのは本人確認書類です。

具体的には運転免許証・パスポート・健康保険証のいずれかです。近年では本人確認の手続きが簡略化しているところもあって、免許証の番号を入力すれば実際に提示しなくてもいいとしているカードローン会社も見受けられます。

収入証明書が必要な場合も

貸金業者の場合貸金業法により、50万円を超える借入希望額で申し込む場合には収入証明書も必要になります。会社勤めをしている人は最新の源泉徴収票や給与明細、自営業やフリーランスの方は確定申告書や納税証明書などです。

そのほかにも複数借入先があって、今回の借り入れで合計の債務が100万円を超える場合も上で紹介した収入証明書類は必要です。

住所の異なる場合は?

引っ越して間もないため、現在住んでいるところと本人確認書類に記載されている住所が一致しないこともあるでしょう。この場合、両者の住所に一貫性のあることを証明する必要が出てきます。

この時には公共料金の領収書を提出しましょう。そのほかには住民票の写しや印鑑証明書を提出することで代行することも可能です。このように手続きが面倒になりますから、引っ越したら速やかに住所変更手続きをしておいた方がいいでしょう。